個別指導塾に向いているタイプ

学力に差がある子どもに向いている

個別指導塾に向いているのは、苦手科目がある子どもです。集団指導塾では、苦手科目以外では問題なく授業を受けることができても苦手科目になると難しくてついていけないようなケースも存在します。個別指導塾では特定の科目を重点的に学ぶことが可能なので、苦手を克服しやすいのが特徴です。学校の授業についていけてない場合でも、じっくりと理解を深めていくことができます。科目ごとの成績のバランスが取れていれば集団指導塾でも良いですが、極端に苦手な科目があるのなら個別指導塾をおすすめします。逆に学力が非常に高い場合も、集団指導塾の方が向いています。個別指導塾では、集団指導塾では扱えない高いレベルの内容に触れることが可能であり、存分に実力を伸ばすことができるでしょう。

自分のペースで授業を進めていきたい子どもに向いている

自分のペースに合わせて授業を進めていくことも個別指導塾の良いところです。習い事や部活動に打ち込んでいる子どもは個別指導塾に向いていると言えるでしょう。集団指導塾では授業の日程が固定なので、習い事と両立が難しいケースもあります。個別指導塾なら子ども事情を考慮してもらえるので、無理のないスケジュールを組んで授業を受けることが可能です。人見知りしてしまう子どもにも個別指導塾は向いています。段々と先生に慣れていくことができるので、人前で手を挙げるのが恥ずかしいと感じる子どもでも、気軽に質問できるようになるでしょう。効率的な勉強の仕方が分からなかったり、勉強に取り組む意欲が低かったりする子どもにも個別指導塾はおすすめです。

© Copyright Individual Instruction. All Rights Reserved.