個別指導塾のデメリット

メリットだけでなくデメリット面にも注目

塾は大きく集団指導と個別指導の2つのタイプに分けられます。1人の先生が大勢の生徒を教える集団指導に対し、マンツーマンで指導が受けられる個別指導は、自分のペースで学習できるのが最大のメリットです。また、集団指導の場合はわからない点があっても、他の生徒に遠慮して質問できなかったり、自分だけがわからないのが恥ずかしいということで、そのままになってしまうことがあります。その点、個別指導なら他の生徒のことを気にせず質問ができるので、わからない点があってもきちんと克服しながら学習できます。その一方で、集団指導に比べて授業料が高かったり、一緒に学ぶ生徒がいないのはメリットもある反面、モチベーションの維持が難しいといったデメリット面もあります。

子供に合った個別指導塾の選び方

個別指導塾のデメリット面もよく理解した上で、やはり子供を通わせてみたいという場合は、個別指導塾の選び方が重要なポイントとなってきます。最も重要視したいのが子供の性格に合っていて、気持ち良く通えるかという点です。授業料が安いというのは家計にとっても助かりますが、子供に合わず長続きしないようでは意味がありません。先生との相性もあるため、お試し授業が受けられるところだと安心です。また、個別指導塾へのアクセスの良さも忘れずにチェックしたいポイントです。授業時間や天候によっては、送り迎えが必要になることもあるため、あまり遠い場所にある個別指導塾を選んでしまうと、子供だけでなく親の負担も増えることになるので注意が必要です。

© Copyright Individual Instruction. All Rights Reserved.