集団指導塾のデメリット

生徒が質問しにくいことがある

集団塾のデメリットの一つは、分からない時に質問しにくいことです。講師の授業を完全に理解できる生徒はほとんどいません。分からないところがあったら、それを先生に質問してその場で教えてもらうのが良い方法です。しかし、集団塾の場合は他の生徒のことが気になって、質問しにくいことがあります。例えば、基礎的なことを質問したら、他の生徒に笑われないか気になる場合もあるでしょう。質問して先生に説明してもらった後でも、分かりにくいことがあります。そんな場合にもう一回先生に質問して、詳しく解説してもらうのも容易ではありません。個別指導の塾だったら、他の生徒は授業に参加していないので、他の生徒のことを気にする必要はありません。

自分の習熟度に合うクラスが見つからないことがある

集団塾では、自分の習熟度に合ったクラスを見つけるのが難しいことがあります。成績の良い生徒だったら、自分のクラスは見つけやすいですが、勉強の苦手な生徒の場合はどのクラスに入っても合わないことがあります。そんな時は一番下のクラスに入る場合が多いですが、下のクラスでも自分に合った授業を受けないと成績は上がりません。極端に勉強が苦手な生徒の場合は自分の学年の勉強ではなく、その下の学年の勉強から始めた方が良い場合もあります。しかし、集団の塾の場合は一人の生徒のためだけに授業をすることは不可能です。個別指導のところだったら、それは可能です。講師が生徒の理解していないところを見つけ出して、そこから勉強を始められます。

© Copyright Individual Instruction. All Rights Reserved.